おすすめダッチオーブン『LODGE・ロッジ』の魅力-ダッチオーブン|おすすめメーカー&おすすめサイズはコレッ!

おすすめダッチオーブン『LODGE・ロッジ』の魅力

■LODGE(ロッジ)のおすすめポイント

LODGE(ロッジ)のダッチオーブンは、キャンプ料理に欠かせないアメリカのブランドの一つとして、多くの人に愛されています。

キャンプやバーベキューの本場であるアメリカで生まれたブランドの製品ですので、無骨ながらも美味しく料理ができる工夫がされていることがオススメのポイントです。

ロッジでは、ダッチオーブンだけでなく、スキレットなども作っていていずれの道具も非常に人気があります。

一番の特徴は、いずれの製品も分厚い鋳鉄を用いて作られており、非常に重くなっています。

この重さが、蓄熱性を高めることによって高温での調理を可能にし、食材の中まで火を通すことができるということがオススメのポイントになっています。

ロッジの製品は鋳鉄ですから、ゴシゴシ洗っても全く問題ありません。

ガンガン使ってゴシゴシ洗える男らしい製品ばかりがロッジにはラインナップされています。

鋳鉄でできているので、シーズニングという油ならしが通常は必要ですが、ロッジの製品はそのようなことをしなくても良いようにシーズニング済みで販売されているので、面倒な手間もかからず、使おうと思った時にすぐに使用することができることも嬉しいポイントです。

■ダッチオーブン、LODGE(ロッジ)の特徴

LODGE(ロッジ)のダッチオーブンは、耐熱性の高さが抜群に良いことが特徴です。

キャストアイアン(鋳鉄)にこだわるを持ったブランドであるロッジの製品は、厚さ5mmという肉厚構造を採用することによって、蓄熱性が非常に高いという特徴があるのです。

一度加熱することによって熱を入れれば、ダッチオーブンの中の温度を高温状態に保つことができ、食材を入れても温度が下がりにくく、ムラなく調理することができるというメリットがあります。

さらに、LODGE(ロッジ)のダッチオーブンは、鋳鉄でできているのでかなり重いという特徴があります。

厚さ5mmの鋳鉄ですから、非常に重くなっています。

この非常にどっしりとした重みのある蓋があることによって、鍋の中に圧力を高く保つことができるので、短い時間で中まで火を通すことができ、シチューやカレーなどを美味しく仕上げることができることも特徴です。

ダッチオーブンの中の水蒸気が本体との蓋の隙間を埋める「ウォーターシール効果」が発揮されることで、機密性を高めてくれますので、高い圧力で調理をすることができ、芯から柔らかく食材の旨味を引き出すことができることが特徴です。

■ダッチオーブンで作るオススメ料理

LODGEのダッチオーブンは、蓄熱性が高いことが最大の特徴であることを説明しました。

蓄熱性が高いダッチオーブンで作れば、さらに美味しくできるオススメの料理を紹介します。

まずは、単純な料理として、蒸し野菜です。

ざく切りにした野菜を入れて水を少し入れるだけで、野菜の芯まで十分に火が通った甘みを引き出した料理を作ることができます。

さらに、もう少し凝った料理をしたいと思うなら、カレーやシチューがおすすめです。

短い時間でしっかりと煮ることができるのは、蓄熱性が高く、思い蓋があるからこそできる技です。

高温で調理するとここまで味が変わるのかというほどまろやかでとろけるようなカレーやシチューを楽しむことができるのでオススメの料理です。

さらに、アサリなどの貝類を蒸し煮にすることもおすすめです。

バーベキューは山でばかりするものではありません。

海でもバーベキューをしますよね。

貝類を焼きたいと思ったら、LODGEのダッチオーブンに酒とニンニクとアサリやムール貝などを入れるだけで美味しい一品に早変わりします。

簡単にできるのに非常に美味しい料理を作ることができるのが、LODGEのダッチオーブンの魅力です。


おすすめのダッチオーブン【LODGE・ロッジ】公式オンラインストアはコチラ